酸浸漬という方法

酸浸漬は酸洗い処理の一種

酸浸漬は金属を熱加工しメッキ処理する際に重要な工程となる「酸洗い」の一種です。 熱処理で金属表面にできた酸化被膜を除去する方法で、メッキ加工の前処理として行われています。 加工する金属の表面を洗浄してからしばらくそのまま放置し、その後出てきた錆を確認、その後再び洗浄し、硝酸などの溶液剤に金属を短時間浸し、金属の表面を活性化させることで酸化被膜などを除去する方法です。 利用する金属によって希塩酸の濃度を変えたり、処理温度を調整することも必要となります。 アルカリ脱脂液によって酸洗いした場合、さびなどの除去のために利用できる方法ですし、この時利用したアルカリ成分を中和することもできます。 酸浸漬はプラスチックを加工する際の前処理として利用されることもありますし、メッキ加工の前処理として行う事もあり、様々な材質に利用されている方法です。 酸浸漬を行うことで、加工品の見た目も美しく仕上がります。 ただし、酸浸漬を行うことで金属表面が弱くなることもあり、利用する材質に合わせた調整や処理温度の調整など詳細に変える事も必要です。 メッキ加工の前には重要な処理となるので、金属の特徴をよく理解してから行う必要があるでしょう。

メッキ加工に必要不可欠な酸浸漬

メッキ加工の工程として組み込まれている酸浸漬は、メッキ加工になくてはならない作業といわれています。
利用する金属にはアルミニウム、ニッケルなどがありますが、酸浸漬を行うことで熱処理による汚れや酸化被膜をきれいに除去できるのです。
メッキ加工の工程に酸浸漬の工程をはさむことで、汚れがきれいに除去できればなめらかなメッキ加工となるのです。

メッキ加工の種類もテフロン、金、銀メッキなど種類があり、酸浸漬によって光沢を出すことも可能といわれています。
身近な商品にも酸浸漬が活かされており、時計、指輪などのほか、携帯などにも活用されてきました。
メッキ加工された時計や指輪などの商品がなめらかできれいな光沢が出ているのは、メッキ加工の前に行われている酸浸漬があるからこそ・・といえるのです。

金属の酸洗いもいくつかの方法があるので、どのような目的で行うのか、酸浸漬以外の方法も知っておけば役立ちます。
例えば同じ酸洗いにはピックリングといった方法もありますが、ピックリングは酸浸漬と比較すると長い時間の酸洗いで、主にスケールを除去するために行われています。
酸浸漬はピックリングとは違い、表面処理直前に短時間で行う酸洗いです。