酸洗いをする際の安全面に関する注意点

扱う薬剤にふれてしまったら?

酸洗いはステンレスやアルミ、特殊素材などの金属の表面処理(洗浄)を目的として行われています。金属表面は熱処理をすると酸化皮膜(スケール)が付着してしまいます。酸化皮膜(スケール)や錆と呼ばれるものは酸化物であり、これらを処理するには強酸などの酸溶液を使い長時間漬けることが必要となります。表面に付着している酸化物を除去するこの酸洗いには、硫酸や塩酸などが用いられていて化学洗浄処理方法ともよばれています。酸洗いをすることにより、その後に行う金属の加工作業に時間をかけたり手間をかける必要性はなくなります。酸処理をすることで表面処理が行われるので研磨作業をすることなく、光沢を出すことができるからです。

酸洗いに使われる硫酸や塩酸などを使用していますが、人体に影響はないのか気になりますよね。このような加工工程において人が直接ふれないように対策がとられています。また使われる薬品は厳重な管理下のもと保管されているので、作業工程において人体に影響がでることはありません。しかし万が一、薬品にふれてしまった場合は速やかな処理が求められます。速やかな処理が行われることにより人体への影響を最小限にする必要があるので、薬品を扱うときは慎重に扱ってください。

換気や排気にも注意が必要

酸洗いに必要な薬品は直接触れることのないようにする必要がありますが、この処理施設があるところでは酸洗い後の排水処理も同時に行なわれている施設がほとんどです。排水自体にも酸洗い時と同様、薬品が混じっているので直接さわることは危険な行為であることは否めません。下水するためには使用した溶液を処理する必要がありますが、その工程においても化学薬品を扱うことを心にとめて正しい知識をもつことは大変重要なことであるといえます。勿論、知識だけではなく更に必要な技術を同時に正しく身につけておくことも大切です。

酸洗いを行うときに薬品の安全性だけではなく使用される際の濃度や温度、比率などのチェックは必要です。またそのほかにも金属の様子を注視する必要があります。なぜならば金属の変化により有毒なガスが発生することもあるからです。このような有毒ガスの発生やその危険性を避けるためには、室内の換気や排気は大変重要なことであり注意しなければなりません。このほかにも仕上げる工程の中には必要な薬剤を追加し調整することもあります。仕上げを想定することも大切ですがこのような突然発生する変化に冷静に対応できるように、日頃から危険性を回避できるような行動をシミュレーションすることも大切です。