酸洗いの基本的なことがら

酸洗い処理の方法

酸洗い処理には、三つの方法があります。ピックリング、酸浸漬、そしてエッチングと呼ばれる方法で、目的に合った酸洗いの処理方法を行うことが大切です。ここでは、それぞれの方法について詳しく説明していきます。

ピックリングという方法

金属製品を加工する際、熱処理などを施すことによって、金属の表面に酸化物の皮膜やサビが発生します。これらを取り除くために行われるのが酸処理です。ピックリングとは、酸処理の方法のうちの一つで、「酸洗い…

酸浸漬という方法

酸浸漬は金属を熱加工しメッキ処理する際に重要な工程となる「酸洗い」の一種です。熱処理で金属表面にできた酸化被膜を除去する方法で、メッキ加工の前処理として行われています。加工する金属の表面を洗浄して…

>

酸洗いのメリットについて

エッチングという方法

酸洗い・エッチングはどんな作業?

エッチングも酸洗いも基本的には金属の「酸処理」です。金属を熱処理するとどうしてもさびや酸化物が付着します。これを酸によって洗い流す処理が酸洗いです。金属についた汚れを酸で洗い流すというイメージになります。酸洗いでは硫酸や塩酸を利用し金属をきれいにしますが、酸洗いをする前の金属のデザインが変わることはありません。 エッチングは化学薬品を利用して金属の表面加工を行うもので、酸などの腐食作用を使い鉄にデザインを施します。酸の影響が欲しくない部分に防食層を作り、加工のデザインに沿って防食層を除去、除去した部分に酸を流し腐食作用を利用し削ってデザインを施します。エッチングを施した金属は汚れがとれてきれいになる酸洗いとは違い、金属の見た目が変わる技術です。 防食層の部分は腐食作用を受けないので削られず、防食層を除去した部分は酸の影響を受けるので削られ、形が出てきます。エッチングは酸洗いのように、金属を酸で洗うのではなく、酸を利用して様々な加工を行う方法です。利用する酸の種類や酸を用いて作業することは酸洗いもエッチングも同じですが、最終的に何が目的となるのか、そこに酸洗いとエッチングの大きな違いがあるのです。

エッチングで加工できる金属・エッチングのメリット

エッチングはフォトエッチングや版画、印刷のエッチング、さらには半導体工学などにも活用されている技術です。主に精密、化学工業などの仕事が多くなりますが、最近はエッチングを施したデザインクリップなども登場し、商品が広がりを見せています。 エッチングで加工できる材質としては、一般的な金属なら銅、鉄、ステンレス、ニッケル、ニクロムなどがあります。特殊金属もチタン、アルミニウム、モリブデンタングステンなど加工できる種類が多いのも特徴です。 エッチングは現在、クリップなど今までになかった商品が作られるようになり注目の技術であり、メリットの高い加工技術といえます。金属を加工する場合、バリといわれる素材の出っ張りができますが、エッチングはバリのほか、歪み等もない高精度な加工ができることも魅力です。 金属を加工する場合、プレス機器など高額な機器が必要ですが、エッチングは高額な機器も必要ないのでコストを大幅に削減できます。金属を加工するときは、1つずつではなく複数一度に加工できるため、たくさんの商品を作りたい時にも便利な方法といえるのです。コストもかかりにくく、出来上がりの金属も美しくでき、修正も必要ない、メリットの高い金属加工技術です。