酸洗いの目的とは

品質の安全性を向上させる

電化製品などの工業製品を作るうえで、必ず工程に含まれているのが酸洗いです。酸洗いは硫酸や塩酸などの腐食力の強い液体を使って、加工した金属を浸す作業を意味します。なぜ酸洗いという工程が必要なのかというと、その目的は品質の安全性を向上させるためです。一つの金属を工業製品にするためには、切断だけでなく叩いて薄く広げたりまた任意の形に折り曲げる作業を行います。

これらの作業を行うと、当然ながらごく小さい金属の破片や凹凸そして空気に触れる断面が大きくなることで錆が付着してしまうのです。これまでは金属ヤスリを使って人間の手できれいにしていたのですが、ただきれいにするのに時間がかかるだけでなく完全にきれいにするのは難しいといえます。もし金属の破片や錆が別の場所にある精密に作った部品に悪影響を及ぼしてしまうと、その部分が破損もしくは発火するなどのリスクを生み出すことで商品の安全性を著しく落としてしまいます。

そこで硫酸や塩酸などの触れた物を溶かす性質のある液体を用いることで、加工した金属の表面についている破片や錆そして小さい凹凸を溶かしてしまいます。この作業を行うことで手作業できれいにするとは比べ物にならないほどの時間短縮が出来るだけでなく、完全に汚れを落とせるので品質の安全性を底上げできるのです。

金属製品の見た目を底上げする

酸洗いの目的は、金属を加工した時に発生するごく小さな破片や凹凸そして錆を落とすことです。これらは品質の安全性に大きく影響してしまうので、腐食作用のある液体を使って洗うことで作業短縮と品質向上という一挙両得が可能になります。そんな酸洗いですがもうひとつ目的があり、それは出来上がった品物の見た目をきれいにするということです。 品物を買って使う人間にとって性能は最重要項目ですが、もうひとつ買いたいと思ってしまう要素の一つが商品の見た目です。商品の見た目が良いと、この商品は品質が良いという印象を与えることによって購買意欲を高められます。その見た目の要素として重要なのが、光を当てた時に反射することで起きる光沢です。光沢を生み出すためには、金属の表面にある酸化皮膜層という部分を削り取らないといけません。ただ酸化皮膜層を取り除く作業を人間の手で行ってしまうと、金属なので堅いだけでなく無理に削り過ぎてしまい、商品として使い物にならなくなるリスクがあります。 そこで品質の安全性を向上させるだけでなく、酸化皮膜層を溶かして光沢を生み出すために酸洗いをすることで無理に削らなくても取り除くことが可能です。酸化皮膜層を取り除いて光沢を生み出せば、その見た目の良さから商品を購入してくれる確率を増やすのに役立ちます。